発達障害のアレコレ~悩みはシェアして即解決~

頭を抱える男女

Topics

脳が大きく関わる

膝を抱える人体模型

発達障害は脳が大きく関わることで、社会や勉強をする際に問題が生じてしまいます。子どもだけでなく大人にも見られることがありますが、専門の機関を利用することで良い方向へと対処することが出来ます。

Read More

勉強に必要な能力

笑顔の看護師

発達障害の1つである学習障害は、授業を脳で理解するのが難しくなります。学校の授業に支障が出てしまうので、自分の思い通りに勉強を進めるのに時間がかかります。しかし自分に合った勉強法は見つけられるので、焦らず探してみましょう。

Read More

一人ひとりに合った対応

発達障害は、広汎性発達障害・学習障害・注意欠陥、多動性障害の3タイプに分類することが出来ます。社会性や人とのコミュニケーションが苦手だったり、学校の授業に集中することが出来ないなど人によって個人差があります。どの症状も子どもの時期に多く見られますが、大人になってからでも抱える人は少なくないでしょう。子どもの時期は診断するのが難しくなっており、成長するにつれ自然と気にならなくなるとされています。しかし大人になっても同じような症状が見られる場合は、早めに専門のクリニックで相談してみると良いでしょう。発達障害をそのままにしてしまうと、体や心に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。うつ病や摂食障害などを発症させてしまい、学校や仕事へ行くのが困難となってしまうのです。自宅に引きこもって精神的なダメージを抱え、社会復帰がどんどん難しくなってしまうと言われています。1人で克服していくのは難しいですが、家族や学校、専門医などのサポートを受けながら克服していくことが大切です。現在では就職をサポートする支援場所もあるので、自分1人では難しい就職もスムーズに行なうことが出来ます。

自分の子どもが発達障害の可能性が考えられる場合は、抱え込まずに専門クリニックや学校の先生に相談すると良いでしょう。発達障害は脳による症状であり発達障害を抱えている子どもは特に、人とのコミュニケーションやじっと座って授業を受けることが難しいのです。しかし子どもの時期はほとんどの子が落ち着きがなかったり、人とぶつかってケンカをします。上手くいかないことが多いのはどの子も同じなので、自分の子どもに合った関わり方や対処法を探してみるのが重要なポイントとなります。一つ一つの行動を他の子と比べたりすると、子どもだけでなく親も精神的に疲れる原因になります。発達障害の種類は様々で症状の出方も子どもによって個人差があるので、自分の子どもに合った適切な関わり方をすることで子どもも大人もゆとりを持てます。広汎性発達障害を抱える子の場合は、人からの指示があやふやだと困ってしまいます。お願いごとや指示する際には、分かりやすいようにハッキリと伝えましょう。しっかり指示することで子どもも分かりやすく、自信を持って動くことが出来るのです。どのような関わり方をしていけばいいか疑問な人は、専門のクリニックや支援事業所で相談してみるのが最適です。

Topics

行動に注目する

笑顔の看護師

多動性障害や注意欠陥障害は、発達障害の1つです。落ち着きがなかったり物忘れが激しいなど、日常で様々な症状が見られます。大人になると深刻化してしまい、うつ病になる可能性もあるので専門医にしっかり相談しましょう。

Read More

社会に生きていく

悩む男性

男性の割合が高いアスペルガー症候群は、発達障害の1つです。悪化するとうつ病や適応障害などを、同時に発症させるリスクがあります。ですが専門クリニックや支援サポートを利用すれば、社会で働けるまで克服することが出来るのです。

Read More